蛇口を触ると電気が流れることがある!その原因や対処法とは!

蛇口11

キッチンやお風呂で蛇口を使用する際、触った瞬間に電気が流れ、感電して怪我をしてしまったというケースが少なくないようです。この主な原因は漏電とされています。水回りには数多くの電気製品が設置されていることも多く、これらの老朽化などによる漏電被害が起こると大きな怪我などをしてしまう場合もあります。

ここでは漏電のメカニズムやその危険性、対処法などをお伝えしていきます。

漏電のメカニズムや原因を知り、リスクに備えよう

まず蛇口から電気が流れ、感電するという被害を防ぐには漏電のメカニズムなどを知る必要があります。漏電とは電線などの不具合により、電気が電気製品などに使用されている回路から漏れてしまう事を言います。このようなことを防ぐため、コンセントなどにはゴム、電球などにはガラスなどの絶縁体が周りに施されていますが、この絶縁体の劣化や電気製品そのものの劣化が漏電を引き起こしてしまう原因になる場合が多いです。

さらに、絶縁体の劣化の前に小動物などに絶縁体をかじられてしまったり、住宅の劣化やタコ足配線などの様々な原因があるため、コンセントなどの取り扱いには常に注意が必要です。

感電してしまう以外の漏電のリスクとは?

漏電には、蛇口を触って感電してしまうこと以外にも様々なリスクがあります。その最たるものが火災のリスクです。漏電による火災はコンセント周りに付着するホコリが原因で起こるトラッキング現象が主な原因とされています。

ホコリが空気中の湿気を吸い、水分を含んだホコリがコンセントを覆うことでコンセントの差し刃に流れる電流がショートしてしまい、火災につながってしまいます。キッチンやトイレなどの蛇口付近に電気製品を常時置いているという人はホコリを溜めないよう、常に清潔にしておきましょう。

さらに、漏電していると電力が電気製品に伝わりにくくなるため、通常時よりも多くの電力を消費します。そうなると電気代も上がってしまい、無駄な出費につながる恐れも出てくるのです。

蛇口での感電はどれくらい危険なの?

蛇口での感電は人体にどの程度の影響を与えるのでしょうか。漏電している電気製品の消費電力によっても被害の程度は異なりますが、毎回の使用に支障をきたす程度のものから場合によっては死に至るケースまであります。

おおよそ50ミリアンペアの感電で命に関わる危険性があると言われており、これを超えると命の危険があると言っても良いでしょう。実際に、海外では蛇口からの感電で死に至ってしまったケースもあります。2014年に南アフリカで母親が漏電を起こしている電気ストーブのスイッチを入れてしまい、その後蛇口を使用した4歳の娘が感電により死亡してしまったという痛ましい事故がありました。

そのような危険性があるため、蛇口で感電したなど漏電を疑う時には一刻も早い対策が必要になります。

漏電を確認する方法とは?

蛇口を触って感電してしまったという時にはすぐに漏電を疑うことが出来ますが、そうなる前に漏電を確認したいという人もいるかもしれません。そんな時には、いくつか漏電を確認する方法があります。まずは過去の電気代をグラフにするなどして、電気料金の推移から確認する方法です。

特に電気を多く使った覚えがないのに電気代が上がっているなどといった際には注意が必要です。最近ではそのような際にも活用出来る水道光熱費に特化した家計簿アプリなどもありますから、それを利用して調べてみるのも良いでしょう。

次に、漏電ブレーカーを使って確かめる方法です。最初に、漏電ブレーカーが切れているのと同時にアンペアブレーカーが入った状態であるかを確認します。そして、複数ある安全ブレーカーを全て切ります。その後、漏電ブレーカーを1つずつ入れていき、それが自動的に切れてしまったらその漏電ブレーカーの箇所が漏電していることになります。

その他、クランプメータやメガーと言われる漏電専用のテスターを使って漏電を見つける方法もあります。

漏電を見つけてしまったらどうする?

もし前述のような方法を使って漏電を見つけた場合や実際に感電してしまった場合は自分で直そうとせず、必ず専門の業者に依頼するようにしましょう。自身での修繕は感電してしまう可能性が高く、おすすめ出来ません。業者を呼ぶ際は必ず電気工事士の資格を持ったスタッフがいるかという事を公式ホームページなどで確認しましょう。

電気工事士による漏電などの電気点検はおおよそ1万円が相場となっており、それを大きく上回る金額を提示してくる業者や説明などが疑わしいと感じられる業者は避けた方が無難です。

分譲マンションや賃貸物件などでの注意点

一戸建ての場合はすぐに業者に依頼をすれば良いですが、分譲マンションや賃貸物件などに住む場合には管理会社や賃貸物件の家主に相談することも忘れないようにしましょう。特に賃貸物件に住む場合はこの相談はとても重要になります。

原則蛇口などの専有部の漏電の際は住人の自己負担となりますが、賃貸物件の際にはこの専有部の漏電も家主の負担になる場合もあるため、独自の判断で業者に依頼してしまうと後々面倒なことになりかねません。実際に感電はしていないが漏電の疑いがあるという段階でも、まずは必ず管理会社や家主に連絡するようにしましょう。

漏電予防にはどんな方法が有効なの?

まず、日頃から行える予防策としては濡れた手で電気製品を扱わないようにするという事です。蛇口を使用した後、よく水分を拭き取らないままドライヤーや調理器具などのコンセントを触ってしまうと絶縁体の劣化につながり、ひいては漏電につながっていきます。

蛇口を使用した後はあまり濡れていなくても必ずしっかりとタオルなどで手を拭いてから電気製品を使用しましょう。前述の漏電ブレーカーの定期的な動作確認も漏電予防につながります。漏電ブレーカーが故障していて、漏電に気が付かなかったというケースも少なくないようです。

漏電ブレーカーの近くに配置されているテストボタンを使用し、故障などしていないかを定期的に気にかけておきましょう。そして、最も有効な方法の1つとして、コンセントにアース線を取り付けるという方法があります。

アース線って何?どのような効果があるの?

アース線とは、主に水回り周辺で電気を使用する際に設置が義務付けられているコード線のことです。このアース線には電気を大地に放出し、漏電による感電を防ぐという役割があります。さらに、電気は人体よりもアース線に流れる性質があるため、万が一感電してしまった場合にも被害は最小限に抑えられます。

アース線は自分で取り付けられる方法もありますが、あまりそのような作業に自信が無い場合や蛇口周りのコンセントにアース専用の端子が無いという場合には、専門の業者に相談してみましょう。